SSブログ

スノーボードウェアの選び方 2015

スノーボードウェア選びでは、デザインだけでなく機能面も考慮する必要があります。
これを怠ると、せっかく買ったウェアが寒くて着れない・・・なんてことも!
最低限知っておくべきポイントを押さえましょう(^^♪

[あせあせ(飛び散る汗)]透湿性は5,000以上
透湿性は「通気性」です。
ウェア内部の熱気や汗を発散する性能です。
寒い条件下で沢山汗をかいてしまうと、とても寒いです。
逆に晴れている日は思った以上に暑いので、とても大事なポイントです。

[たらーっ(汗)]耐水性は10,000mm以上
防水性能が低いウェアは水が中まで染みてきてしまいます。
一度浸みてしまうと、そのあと一日中冷たいウェアで滑ることに・・
なので、ある程度の防水性能は重要です。
つまり、耐水性は「浸みにくさ」を表しています。
ウェアに数値が定められているので、参考にしましょう。

[スキー]サイズ
透湿性・耐水性がキチンとしているウェアであれば
防寒性はほとんど気にする必要はないでしょう。
ただ、いざという時に重ね着できる余裕のあるサイズを選びましょう。
お店で試着したときに、少し大きいかもと思うくらいが丁度いいです。

[ひらめき]ワンポイントアドバイス
スノボウェアって結構値段がするものですが、
その分数年愛用するものです。
後悔しないように、しっかりとしたものを選びましょう。

普段は地味目な服が多いという方でも、
ゲレンデでは派手なウェアを来ていても違和感ありません
むしろ、最初は抵抗あっても後々気にしなくなり、気に入ってくるはず。
何故かというと、ゲレンデでは周りがみんな派手なウェアを来ているからです。
スノボカラフル.jpg
コストを抑えたい方は、型落ちを狙いましょう。
昨シーズンのモデルが安く手に入ります。
10月~11月に購入すると、デザインも豊富でしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © SnoW TRENDY 2015 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。